がん保険 必要性

がん保険の必要性とは

医療保険は積極的に入っても、がん保険に進んで入ろうと考える人は少ないように感じます。
その理由が、医療保険である程度まかなえるから、がんのみの保険は、必要性を感じられないのが大きいのだと思います。

 

しかしながら医療保険で支払われるのは、手術代と、入院費用(差額ベット代を除く)です。
がんの場合、長期に渡る通院が必要な事が多いのです。
その通院も、月に8万円を超える分は、高額医療費制度でまかなわれますが、8万円までは自腹です。
それが数年間続くと考えると、かなりの負担額です。

 

またがん治療の際、選択肢にあるのが、保険適用外の治療です。
よく耳にする、先進医療という物です。
時には数百万円になる治療費を、自腹で負担しなくてはいけないのです。

 

そして一番考慮したいのが、がんは今や2人に1人がかかる、国民病なのです。
親族を見ても、がんになった事のある人が1人はいるのではないでしょうか。
これらの事を考慮すれば、がんに対する保障の重要性は明らかです。

 

とは言え、何より大切なのが、がんにかからないような生活を送る事です。
不規則な睡眠や乱れた食生活を改善し、がんになりにくい健康な体づくりが重要なのです。
それを基本として、もしもの時の備えに、保険を選ぶように心がけましょう。