がん保険 加入

がん保険加入は健康なときに

私と夫がそれぞれ自分のがん保険に加入したのは10年ほど前です。
テレビコマーシャルでも有名なアヒルの保険会社のがん保険に加入しました。
私が30代、夫が40代と若さも健康も自信がありましたが、将来的にはどんな病気をするかわからないので、がん保険加入は当然のように決まりました。
特に夫は両親を早く病気で亡くしているので、医療保険やがん保険の加入でホッとしたものです。
それから8年ほど経過したころ、会社の健康診断で夫の身体に腫瘍が見つかったのです。
腎臓に出来た腫瘍はごく小さなもので、切除すれば治ると言われてスグに手術に踏み切りました。
入院は2週間ほどで退院から1週間後には職場復帰も果たして元気になりました。
この手術や入院で保険会社から給付金を頂きました。
2週間分の入院費や、がんと診断された一時金などを頂いて助かりました。
保険の請求から支払いまでスピーディーであっという間に振り込まれたので驚きました。
一家の大黒柱の入院は家計を直撃しますが、今回はまったくピンチにならずに済みました。
8年前の健康な時にがん保険に加入しておいて良かったと心から思いました。
がん保険は健康な時じゃないと加入できないので、そのうち入ろうと思っていたら遅いのです。
保険加入を思い付いたら、なるべく早めに申し込みすることが大切だと言えるでしょう。